皮脂膜の少ない状態の肌はバリア機能も低い

ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌が原因といわれています。

しかし「自分は乾燥肌なのにニキビができやすい!」と、不思議に感じている人もいるでしょう。
実は乾燥肌には乾燥肌ならではの、ニキビができてしまう理由が存在するのです。

そもそもニキビができる原因は?

ニキビは皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まりやすくなることによってできてしまうものです。
思春期にできるニキビはこの典型で、新陳代謝が活発なことも原因です。

そしてより皮脂の分泌を招いてしまう理由が洗顔のしすぎ。

脂っぽいからと強い洗浄力の洗顔料で洗いすぎると、肌がより皮脂を出そうとしてしまうのです。
その結果毛穴が詰まってしまう、という悪循環が生まれてしまいます。

乾燥肌の場合はこの皮脂が少ないはずなのに、何故ニキビができてしまうのでしょうか。その理由は皮脂

分泌が少ない故に肌をバリアする皮脂膜がきちんと作られていないことにあります。皮脂膜の少ない状態の肌はバリア機能も低いので、角質層にある水分が大量に蒸発してしまいます。

水分が少なくなった角質(冬のかかとの白いかさかさを想像してもらうと分かりやすいですよね)は固く
なり、毛穴も小さく・細く変化していきます。

小さくなると少しの皮脂でも詰まりやすくなるので、結果として皮脂の多いタイプと同様に皮脂を詰まらせニキビができることになります。

つまり、肌質は違えど結果としては同じメカニズムでニキビができてしまうのです。乾燥肌のニキビを角質ニキビと呼び、いわゆる吹き出物はこれに該当します。

簡素肌のニキビ対策は?

乾燥肌のニキビ対策はとにかく保湿に気をつけ、皮脂膜をしっかり作ること。
それによって水分と油分のバランスを整えてあげることが一番の対策になります。
保湿の為にクリームを良くすることより、角質層を整えることを優先しましょう。

セラミドのように水分を保持できる成分が多く含まれた化粧水を使用する等、肌の内側を潤すよう注意してください。また乾燥肌の場合も洗顔のしすぎは禁物です。刺激の少ない洗顔料を選び、皮脂を落としすぎないようにしましょう。